2022年1月15日土曜日

年明けから毎週ライヴ

  未だにコロナで右往左往の日々だが、ライヴは開催する。

1/22(土)阿佐ヶ谷harness 〈小山卓治 × 白浜久〉
 ソールドアウト、キャンセル待ちだが、このご時世でキャンセルもたまにあるから、harnessに連絡を。

1/30(日)江古田マーキー 〈On The Move '22 -Solo–〉
2/04(金)西荻窪 Live Spot Terra 〈On The Move '22 -Trio–〉
 初の渋谷公会堂から35年を記念したライヴ。1/30はソロで、2/4は、サポートにピアノの信夫正彦君、スペシャル・ゲストにサックスのダディ柴田さんを迎える。
 去年の5月にやったダディさんとの最初のライヴを信夫君は見に来てくれた。ダディさんに紹介して、すでに意気投合している。


2/11(金 祝)新横浜 LIT 〈LiT Special Presents 真冬の夜の現-うつつ-2022〉
 去年の8月に山田晃士君の体調不良でかなわなかった、 鬼頭径五との初のスリー・マン。3人でのセッションは、きっと楽しんでくれるとはずだ。

2/23(水 祝) 自由が丘 Mardi Gra 〈小山卓治ワンマンライヴ〉
 マルディグラは1年半ぶりになる。またやることができて嬉しい。

3/05(土)阿佐ヶ谷harness 〈長すぎる夜と遠すぎる朝〉
 今日の発表。harnessでのワンマンライヴ企画として、時間軸に沿った物語をつむごうと思う。最初のシーンは夜明けだ

〈小山卓治ワンマン・ツアー〉
3/11(金)静岡 藤枝 &Sugar + 南瓜
3/12(土)愛知 刈谷市 サンダンス
3/13(日)岐阜 各務原市 ミュージックルーム6-21 
 去年の9月に中止になった藤枝と各務原へのリベンジ・ライヴ。そして「また呼んでくれてありがとう」刈谷ライヴ。

 4月も何本か決まりそうだ。今年は思い切り走る。


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。

■フォトグラフ
〈小山卓治 × 鎌田ひろゆき〉
 12月30日(木)東京 阿佐ヶ谷 harness
 photo:Yukari Watanabe


photo : Yukari Watanabe


コメントフォーム


2022年1月10日月曜日

初の渋谷公会堂から35年

   2022年は、1/22の〈小山卓治 × 白浜久〉からスタート。これはすでにソールドアウト。

 1/30と2/4のライヴ・タイトルは〈On The Move 22〉。初めての渋谷公会堂でのライヴから35年を記念したライヴ・シリーズだ。
 江古田マーキーはソロ。信夫正彦君をサポートに、ダディ柴田さんをスペシャルゲストに迎える西荻窪 Terraの一般予約は明日から始まる。
 タイトルにふさわしい2日間にするつもりだ。ぜひ参加してね。

 1987年、渋谷公会堂でのライヴは初のライヴ・アルバム〈On The Move〉として5月21日にリリースされた。
 アルバム・ジャケットの楽屋風景は、実際に渋谷公会堂の楽屋に鏡やソファなどの小道具を持ち込んでライヴ当日に撮影された。ビデオ・クリップに収録されている楽屋の動画もライヴ当日だ。動画監督は井出情児氏。
 午前中から小道具が搬入され、楽屋で歌うシーン、ステージへ向かうシーンなどの動画が撮影された。初の渋谷公会堂で、内心はそれどころじゃなかったんだけどね。

 当時は、すごいタイトな仕事が多かった。
 1985年の渋谷 Live Innでのライヴと動画撮影の日、ライヴの後に夜通し動画撮影が敢行され、朝まで続いたのを憶えている。













Photo : Takuji