2021年6月23日水曜日

そしてツアーは、東京、新横浜へ

  ここに記すのが遅くなってしまった。福岡、熊本、広島、京都の会場に来てくれたみんな、本当にありがとう。会場に来てくれる君たちがいて、ライヴは初めて成立する。
 また必ず行くよ。今度は一緒に大声で歌おう。

 ツアーは続く。今週末は新宿御苑 Ruto。そろそろソールドアウトとのこと。
 来週末は新横浜 LiT。サポートに、ピアノの信夫正彦とギターの江口正祥を迎える。
 まったくカラーの違うライヴになる。曲もほぼかぶらない。楽しんでね。





コメントフォーム

2021年6月14日月曜日

福岡、熊本!

 どちらも熱い熱いライヴになった。来てくれたみんな、本当にありがとう!

金曜日は広島、土曜日は京都へ。会場で会おう。

at ONE DROP 熊本




2021年6月7日月曜日

週末からツアースタート

  去年、コロナが蔓延し始めた頃、ライヴハウスでクラスターが起き、メディアから袋叩きにされた。
「若者が集まってチャラチャラするなんて、けしからん」
 そのあおりを受け、いつも歌わせてもらっていたライヴハウスが何軒もクローズした。

 ライヴハウスの人たちは必死に踏ん張っている。万全のコロナ対策を取り、その後ライヴハウスから感染が広がった事例はない。
 彼らががんばってくれているから、俺たちは歌う場所を与えられている。その気持ちに何としても応えたい。

■6/12(土)福岡 Cavern Beat
■6/13(日)熊本 One Drop
■6/18(金)広島 OTIS!  開場 開演の時間が変わりました
  開場 17:30 開演 18:00
■6/19(土)京都 パームトーン
■6/26(土)東京 新宿御苑 ライブ&バーRuto
■7/3(土)新横浜 LiT

 マーチンの弦 MA-140を30セット購入。準備万端だ!


Photo : Takuji


コメントフォーム

2021年6月6日日曜日

『評伝 1985年の尾崎豊』

  4月に取材を受けた本が出版された。

 『評伝 1985年の尾崎豊』 石田伸也著 徳間書店

 以前出版された『尾崎豊 Forget Me Not』でも取材を受けたが、今回は全体的にさらに踏み込んだ内容になっているように思う。俺のコメントも9ページ掲載されている。


Photo : Takuji


コメントフォーム

2021年6月5日土曜日

〈ONE〉ラジオプログラム更新

CDは記録、ライヴは記憶
CDは手紙、ライヴはデート
さらに言うなら
ライヴはある意味、精神的なセックス


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉の〈Aspirin Radio #012〉を更新した。
収録曲
■ハヤブサよ (デモ・テイク at 香港)
■誰にもさよならを言わないで (1992年 未発表曲)
■バタフライ (カバー)

いくつか訂正。
〈誰にもさよならを言わないで〉を、おしゃべりでは1994年と言っているが、1992年だった。
『評伝 1985年の尾崎豊』の著者の名前は、石田伸也さん。

〈ONE〉紹介ページ
いくつかのコンテンツを体験できる


ラジオのおしゃべりに出てくる香港のベンチ
2015/1 Photo : Takuji


コメントフォーム

2021年6月4日金曜日

刈谷, 各務原, 苫小牧, 札幌, 弘前へ

  本来なら、今日からツアーがスタートするはずだった。
 中止や延期になった街へ、9月と10月に行くことにした。今度こそ歌を届けに行く!
 詳細は、今日送った〈小山卓治NEWS!!!〉を見てね。近々オフィシャル・サイト〈RED & BLACK〉にも掲載する。

 そして7月に、毎年恒例、入間アミーゴでの生声ライヴ、8月はSMILEYをゲストに迎えて江古田マーキー。


 予約してくれた人の元へ《The Fool 35th Anniversary Edition》が届いた頃だと思う。
 ブックレットには、書き下ろしのエッセイを掲載している。
 歌詞は、このアルバムのために制作したサイトで読むことができる。俺の手書きメッセージも添えてある。ブックレットの最後にあるQRコードを読み取ると行ける。スマホにも対応しているから行ってみてね。




コメントフォーム