2022年8月11日木曜日

小山卓治 & 白浜久プロジェクト 予約スタート

  12/11(日)に開催する〈小山卓治 & 白浜久プロジェクト Live at GOODMAN〉は、今日から予約スタート
 新しい曲をふやして臨むつもりだ。レコーディングもする予定。
 6月のバンドライヴを見逃した人も、ぜひ参加してね。


小山卓治 & 白浜久 プロジェクト
小山卓治(Vocal , Guitar)
白浜 久(Vocal , Guitar)
服部 螢(Bass , Vocal)
西川貴博(Drums)




コメントフォーム

2022年8月9日火曜日

長野 OREAD 3年ぶりに開催!

  2013年から年に1度の大切なライヴとして続けてきたOREADライヴ。コロナがまん延し、2020年からは計画しては断念するということをくり返してきた。
 そして今年、ようやくライヴを開催する。
 OREADは、俺にとっての聖地ともいえる場所。オーナーでシンガーの三浦久さんと会うのも3年ぶりになる。
 オープンマイクもやる。ぜひ参加してね!


〈小山卓治 ワンマンライヴ & オープンマイク〉
9月24日(土)長野 辰野 OREAD
開演 19:00
前売 ¥3,500 当日 ¥4,000(各1ドリンク別 / 整理番号なし)
ゲスト : 三浦久
8/11より予約スタート

※オープンマイクに参加されたい方は「オープンマイク参加希望」とお伝えください
問:RIBBON INFORMATION takuji@ribb-on.info 03-6915-9775
会場詳細:長野県上伊那郡辰野町宮木2852 0266-41-3611

オープンマイク
開場 16:00 / 開演 16:30(参加無料 / 要ワンオーダー)
参加人数が多い場合は、持ち時間が短くなることをご了承ください

【オープンマイクとは】
楽器やパフォーマンスを用意して、誰でも飛び入りで参加できるステージ開放イベントです
卓治も参加します

三浦久さん facebook
OREADへのアクセス


photo : Masashi Koyama


コメントフォーム

2022年8月8日月曜日

入間、来てくれてありがとう!

  1年ぶりの入間での生声ライヴ。ひさしぶりの人や初めての人が集ってくれた。
 ここでのライヴは、いつもとは趣向を変える。歌をはっきり届けるため、あえてギターをミュートして弾いたり、ストロークの曲をアルペジオで弾いたり。
 今回は〈夏の終わりに〉をウクレレで弾き、吉田拓郎さんの〈どうしてこんなに悲しいんだろう〉をピアノでカバーした。
 歌が空間を羽ばたいているような感触だった。そして最後はシャウトと手拍子。本来ならここにみんなの歌声が重なる。それは来年のお楽しみとしよう。

 通常は、こんなシンプルな円形のスペース。ここにグランドピアノとギターと椅子を並べたら、素敵なライヴ空間になる。この場所を教えてくれた地元の人に改めて感謝。

01.PARADISE ALLEY
02.ジオラマ
03.路傍のロック
04.流れ者
05.汚れたバスケットシューズ
06.君が本当に欲しいもの
07.Soulmate
08.夏の終わりに
09.ひまわり
10.ハヤブサよ
11.祭りの季節
12.南十字星
13.どうしてこんなに悲しいんだろう(カバー)
14.ILLUSION
15.傷だらけの天使
16.世界はすばらしい

E1.Aspirin
E2.Bad Dream

E3.いつか河を越えて


Photo : Takuji


コメントフォーム

2022年8月5日金曜日

13年目の生声ライヴ

 コロナ禍で毎年恒例のライヴが途切れる中、入間アミーゴでの〈生声ライヴ〉だけは2010年から連続で開催できている。今年も8/7(日)に開催する。
 このスペースでしか表現できないライヴを感じてほしい。

〈大統領様〉2010/7/11
〈種の歌〉2011/8/7
〈Once〉〈失われた週末〉2012/7/22
〈ユリエ〉2014/9/15
〈傷だらけの天使 with Audience〉2019/8/3


photo : Masashi Koyama


コメントフォーム


2022年8月3日水曜日

出会えた。つながった。始まった。見えてきた。

 酷暑が続く中でのツアーは大盛況だった。

 1人ではできないこと、2人では足りないことを、3人で奏でた。
 初日のサンタラとのセッションはドキドキだったが、2日目からはワクワクになった。砂田君の提案で〈種の歌〉を生音、生声でプレイした。サウンドが会場に美しく共鳴してゾクゾクした。

 春日井市 ond°には、たくさんの初めての人が集まってくれた。気持ちも初心に戻って歌を届けることができた。
 ライヴ前の昼に出演したラジオ番組は、アーカイブで見ることができる。

 4日間で多くの出会いがあった。それが次につながっていく。次の東海ツアーは10月。




Photo : Dosho


コメントフォーム