2021年4月11日日曜日

〈熊本応援ライヴ〉来てくれてありがとう

  harnessが満杯になった。来てくれて本当にありがとう。
 ライヴの収益とCDの売り上げ、¥77,500を熊本に送る。

 4/26から、熊本城の天守閣に上れるようになるそうだ。6月にツアーで熊本に行くから、写真を撮ってここで紹介する。


 阿佐ヶ谷harnessがある東京23区に「まん延防止等重点措置」がとられたので、今月のライヴのスタートを1時間早めることにした。気をつけて来てね。

 〈旅をする言葉2021 –月白-〉
4月24日(土)
開場 17:00 開演 17:30

〈小山卓治 × 湯川トーベン〉
4月29日(祝木)
開場 17:00 開演 17:30


2020年1月 Photo : Takuji


コメントフォーム

2021年4月9日金曜日

モンステラを育てる Part 2

  友人のYouTubeチャンネル「くまパン園芸 Kumapan Garden」に2度目のゲスト出演。春になって育ってきたモンステラの、植え替えの動画になる。
 新たにBGMも提供した。サインつきのプレゼントもあるから、のぞいてみてね。




コメントフォーム

2021年4月8日木曜日

2021年の花いかだ

  去年の今頃は、すべてのライヴが飛び、途方に暮れていた。何をやる気も起きず、近所の桜を眺めていた。
 毎年同じように咲きほこる桜だが、毎年「美しい」と感じる。
 今年も咲いてくれてありがとう。


Photo : Takuji


コメントフォーム

2021年4月6日火曜日

アルバム・ジャケット撮影

  デザイナーのコヤマ君とイメージを出し合い、撮影に臨んだ。これまでとはまったく違うテイストの写真になったはずだ。

 以前「コヤマ君とは11年」と書いたが、とんだ間違いで21年だった。
 最初のCDデザインは、マキシ・シングルの《手首》だった。コヤマ君から「ジャケットに水晶を入れたい」とアイデアが出た。このマキシ・シングルは、ロンドンに滞在していた時に作った歌を収録することにしていた。ロンドンの博物館で水晶を買い、それを手元に置きながら作った歌だ。偶然だったが、それが必然になった。

 鉱物を手元に置いて創作することがある。小説『明日なき暴走』を書いていた時は、小説に出てくる琥珀をパソコンの横に置いていた。

 これは、30周年の時、コヤマ君が開催した「アートワーク展」のために書いた文章だ。

────────────────────────
「コヤママサシ 小山卓治アートワーク展」に寄せて

 コヤママサシが初めて開催するアートワーク展。写真展ではない。
 写っているのは僕だけど、すべてコヤママサシのフィルターを通したものだ。

 2000年にマキシシングルのジャケットで初めて組んで13年。僕はいつも彼に“圧倒的な”作品を要求し、彼は必ず最高のクオリティで僕の予想をはるかに越えてきた。
 そんな彼の仕事ぶりを、僕はよく「コヤママジック」と称する。それはもちろん「ちちんぷいぷい」とかかる、おとぎ話の魔法みたいなものじゃない。
 彼がこれまでやってきたことのすべてを注ぎ込んだ末に見えた、たったひとつの着地点が、作品として形になってきた。
 今日ここに展示されている作品も、誰も見たことのない高みを目指す彼がたどり着いた、デザインの山頂だ。そしてこれらの作品は、彼の次なる扉を開ける新たなデザインの一歩目になる。

 孤高のダンディズム。
 それはかつて僕がつけられたキャッチコピーだ。でもこれらの作品を見ていると、今のコヤママサシにこそ、ふさわしい呼び名のように思える。
 孤高のダンディズム。孤高の表現者。遠くを目指す者は、いつも孤独だ。その孤独が男を強くし、強靱な作品の源になる。

  小山卓治
────────────────────────

 今回の撮影には、GUILD F-47、スカーレットが初参加。


Photo : Takuji


コメントフォーム


2021年4月4日日曜日

〈熊本応援ライヴ〉

  東京では11回目になる4/10(土)阿佐ヶ谷harnessの〈熊本応援ライヴ〉。今回はアルバム《ひまわり》の全曲を歌う。
 このライヴ恒例のお客さんとのセッションは、次回からにすることにした。
 リクエストも待ってるから送ってね。

 これまでの「熊本地震 義援金の受付」は「仮設住宅入居者の大半が住まいの再建を終えた」ということで、3月で終了とのこと。
 これからは切り替えて、「熊本城 災害復旧支援金」へ送ることにする。20年かかるという復旧を、少しでも手伝いたい。君のお金が、熊本城の瓦、壁の漆喰になると考えたら、通常の応援より分かりやすいんじゃないかな。


 今回から販売する〈熊本応援CD〉には、アルバム《ひまわり》の全曲と〈ひまわり〉のバージョン違いを収録した。メンバーはオールスターが登場する。
 4/10以降のライヴでも販売する。

01.ひまわり [with 中野督夫, スティング宮本]
 2000/2/27 東京 渋谷 ON AIR WEST
02.煙突のある街 [with Mercy]
 2012/6/8 東京 下北沢 440
03.下から2番目の男 [with 江口正祥]
 2015/10/2 大阪 ANOTHER DREAM
04.DOWN [with 中野督夫, カースケ, スティング宮本, たつのすけ]
 2001/12/2 東京 渋谷 ON AIR WEST
05.家族 [with 磯部舞子, 信夫正彦]
 2019/7/27 名古屋 Music Bar Perch
06.傷だらけの天使 [with COCK'S feat.SMILEY]
 2006/12/29 東京 恵比寿 LIVE GATE
07.土曜の夜の小さな反乱
 2019/3/31 神奈川 横浜 パラダイスカフェ
08.PARADISE ALLEY [with 宮本美香]
 2015/12/3 神奈川 横浜 THUMBS UP
09.記念日
 2021/2/20 東京 阿佐ヶ谷 harness
10.ひまわり [with MIKIO ROCKS]
 2012/6/30 東京 町田 The Play House


2020/10/18〈熊本応援ライヴ〉 photo : Yukari Watanabe


コメントフォーム

2021年4月3日土曜日

《The Fool》+《VANISHING POINT》+《IMAGINARY BLUE》+未発表ライヴテイク

 今年も《35th Anniversary Edition》のリリースが決定。内容は盛りだくさんだよ。
 リマスタリングが完成し、来週はジャケットの撮影。6/1にみんなの元へ届ける。

 そして、リリース記念ライヴは全国を回る。

6/04(金)北海道 苫小牧  ロックバーJAM
6/05(土)北海道 札幌  円山​夜想
6/06(日)青森 弘前  フォーク酒BARてふてふ
6/12(土)福岡 Cavern Beat 
6/13(日)熊本 One Drop
6/18(金)広島 OTIS!
6/19(土)京都 パームトーン 
6/20(日)名古屋  GEM-STUDIO
6/26(土)東京 新宿御苑  ライブ&バーRuto
7/03(土)神奈川  新横浜 LiT

 詳細と予約はこちら。

 一緒に盛り上がろう!




オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■WORDS 心に刻まれた言葉
トム・ウェイツ
永沢光雄
フィリップ・K・ディック
多和田葉子
マイケル・ギルモア
森絵都




コメントフォーム