2021年1月14日木曜日

出ておいで、そこから

  ショーン・タンを読み続けている。『遠い町から来た話』『内なる町から来た話』『セミ』『ロスト・シング』。

 様々なキャラクターが、鉛筆、クレパス、アクリル絵の具、油絵の具などで描かれ、シュールでお茶目な世界に迷い込む。何度も読み(見)返し、そのたびに新しい発見をする。
 『星の王さま』は「ショーン・タンのスケッチブック」という副題がついていて、作品になる前の様々なデッサンなどで構成されている。生まれる前のキャラクターが自由自在に飛び回っている。

 本の最後に載っていたのが、このデッサン。











photo : Takuji


 ふと、彫刻家のイサム・ノグチを思い起こした。変幻自在で、あらゆる素材を使い分けて作品を作り上げる。
 北海道の郊外にあるモエレ沼公園は、イサム・ノグチが作った。地球を彫刻したような壮大な公園だった。
 初めて行った時は、開園して数年たった頃だったと思う。美しく植林された木々はまだ若々しかった。「100年後に来たら、もっと美しいんだろうな」と感じた。そのくらいのスパンで作られたのだろう。


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■ライヴビデオ
12/19〈Thank You 2020 フルサイズ YouTube ver.〉
12/30〈小山卓治 × 鎌田ひろゆき フルサイズ YouTube ver.〉

 後日、12/11のバンドライヴと12/19のライヴからセレクトして、高音質 高画質の動画もアップする。


コメントフォーム

2021年1月11日月曜日

最低の20歳だった

  成人の日。
 思い出すのも恥ずかしい、最低の20歳だった。
 アマチュア・バンドのボーカリストで、ロッド・スチュワートみたいな髪型でマイク・スタンドを振り回していた。けっこう女の子にはもてたが、内心「このままじゃいけない」と焦燥感にかられていた。
 翌年、そのバンドを解散して、オリジナルだけをやるバンドを組んだ。途端にもてなくなった。
「あれ? こんなはずじゃ……」
 で、今に至る。

 「日本人は働きすぎ」と言われるが、日本の祝日の数は、意外なことに先進国では最多で、ヨーロッパは極端に少ないそうだ。そして日本人の有給休暇の消化日数は、逆にかなり少ないという。
 “お上”に「休め」と言われなければ休みにくいと考えるお国柄ということか。そのせいで連休ともなると「ドッとくり出す」ことになる。
 そのライフ・スタイルも、コロナのせいで今後は変わっていくのかな。

 どちらかというと世間が休みの日に働く職業だから「ドッとくり出す」感覚はピンとこない。
 「自由業に日曜日はない。または毎日が日曜日」
 どっちも恐い。

 写真は、デビュー前、最初にプロのカメラマンに撮影されたもの。24歳か。



photo : Yutaka Onaga


コメントフォーム

2021年1月10日日曜日

バンド・ライヴ、1日限定公開

  今夜21 : 00から、12/11に新横浜 Litで開催したWonder 5とのバンド・ライヴを、1日限定で公開する。
 ひさびさに集結し、「お客さんの前で音楽を奏でられる」幸せに爆発し、気持ちがひとつに昇華していったライヴ。
 俺もチャットに参加するから一緒に楽しもう。



初公開 本番直前の楽屋 photo : Yukari Watanabe

01.カーニバル
02.PARADISE ALLEY
03.夢の島
04.Escape
05.家族
06.煙突のある街
07.種の歌
08.ILLUSION
09.世界はすばらしい

10.ひまわり
11.2人のはるか
12.もうすぐ
13.1 WEST 72 STREET NYNY 10023
14.気をつけた方がいいぜ
15.最終電車
16.下から2番目の男

E1.HEAT OF THE NIGHT
E2.傷だらけの天使  ゲスト:江口正祥

E3.Passing Bell

コメントフォーム

2021年1月8日金曜日

始動!

 2021年の幕開け。とはいえコロナに年末年始はない。自分にできることが何かを見極めながら準備を進めていくしかない。
 まずは1/16 阿佐ヶ谷harness〈小山卓治 × 白浜久〉からスタートだ。新しいカバー曲もやることにした。俺がアートで、白浜さんがサイモン。
 東京に緊急事態宣言が出されたことで、開場 開演時間を2時間早くした。気をつけてね。


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。

■〈WORDS〉心に刻まれた言葉
月に1回、様々な言葉をピックアップして紹介している。
エイミイ・タン「ジョイラック・クラブ」
森搖子 「垂直の街」
デヴィット・アップダイク 「カプチーノを二つ」
村上龍 「イビサ」
トルーマン・カポーティー 「夜の樹」
瀬尾一三 「音楽と契約した男」

■Poster & Graphic 2019年