2019年1月18日金曜日

《夢の島》の撮影

 《夢の島 30th Anniversary Edition》のための撮影。30年前の夢の島は、だだっ広いだけのゴミ処分場だったが、今ではタワー・マンションが建ち、オリンピック施設の建設ラッシュだ。
 そこを避けて、もっと踏み込む。すごい写真が撮れたはず。




Photo : Kenichi Naito


2019年1月16日水曜日

白浜久プロジェクト始動

 水面下で進めていた白浜久プロジェクトが、徐々に具体的な作業に入っている。

白浜久(Guitar / Vocal)
小山卓治(Vocal / Guitar)
扇田裕太郎(Guitar)
榎本高(Bass)
西川貴博(Drums)
多田暁(Trumpet)

 ベースの榎本高君は、アルバム《Circle Game》に参加してもらった。
 ドラムの西川貴博君は、田中一郎さんのバンド・ライヴへの出演で一緒にプレイした。
 トランペットの多田暁君は、1992/1/7 渋谷公会堂でのライヴで、SMILEYとのブラス・セクションで参加してもらった。
 扇田裕太郎君だけは、初めての共演。

 ライヴ会場で販売する予定のCDには、それぞれの歌を新録音で収録する。俺の歌も3曲、白浜さんプロデュースで新しくレコーディングする。すでに白浜さんがオケを作り始めていて、今月末くらいにはボーカル録りをやる予定だ。

 そして、白浜久プロジェクトのTwitterを近々オープンさせる。レコーディングの模様やリハーサルの写真などを紹介していく。

 1/26(土)東京 阿佐ヶ谷 harnessでの〈小山卓治 × 白浜久〉では、プロジェクトの片鱗を聴いてもらうことにしている。
 そして本格的なスタートは、5/17(金)東京 高円寺 ShowBoat。ライヴ・タイトルは〈日々是響音元年 東京編〉。予約してくれた人には、販売用とは別の特典CDをプレゼントする。

 これまでずっとソロで活動してきたから、こういう形のユニットに参加するのは初めてだ。どんなサウンドを奏でられるか、楽しみだ。
 白浜さんから「小山君もエレキ弾きなよ」と言われているが、俺、エレキ持つとあがるんだよな。出身がフォークだから。


photo : Masashi Koyama


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■ライヴビデオ
〈Show Time〉
2019/1/12 東京 新宿御苑 ライヴ&バー Ruto

〈ONE〉メンバーは、新しくオープンした〈ONE〉のfacebookで更新情報をチェックしてね。


コメントフォーム

2019年1月11日金曜日

1989年のネタ募集

 《夢の島 30th Anniversary Edition》のデザイン作成に向けて、ソニーレコードの書庫からたくさんのデータが発掘されてきた。ジャケット写真のオリジナルデータなど。この写真はレーベル・コピーというもの。
 カメラマンの内藤順司にも連絡して、当時撮影してもらった写真を探してもらっている。
 オフィシャルfacebookにNishizawa君が、1989/7/24後楽園ホールでのチケットの写真を載せてくれた。
 1989年当時の、こういったものが手元に残っていたら、送ってくれないかな? デザインに使わせてもらうかもしれないから。

 さて。
 明日は2019年スタートのライヴ。ソールドアウトになった。東京は雪になるという予報もあったが、天気はもちそうだ。
 「初めまして」のライヴに向けて気合いを入れてセットリストを組んでいたら、やけに熱いセットリストになった。

photo : Takuji


2019年1月9日水曜日

2019年のミーティング

 スタッフ、デザイナーのコヤマ君とミーティング。
 3/22にリリースする《夢の島 30th Anniversary Edition》のデザインを詰めていく。当時の資料などは残っていないし、新たな気持ちで撮影することにした。来週、都内某所へ出かける。
 予約特典として、オリジナルジャケットをプレゼントする。
 リリース日は3/22だが、3/15の広島ライヴに間に合うように制作する。

 《夢の島 30th Anniversary Edition》と同時リリースする予定の《小山卓治 with DAD 1989(DADとのラスト・ライヴ)》のデザインについても話す。

 7/21リリース予定の《ひまわり 35th Anniversary Edition》のデザインとボーナス・トラックの話も。
 マスタリングは完了している。《NG! 35th Anniversary Edition》に続いて、Wonder 5とのセルフ・カバーのレコーディングの進行を確認。

 そして、完成したアルバムを届けるライヴの話へ。今年1年のライヴの流れを話し合っていく。
 行きたい街がたくさんある。会いたい人がたくさんいる。
 2019年のスタートは、ライブ&バー Rutoから。ほぼソールド・アウトとのこと。


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■ライヴビデオ
〈西からの便り〉with 信夫正彦
2018/12/16 東京 高田馬場 Live Cafe mono

〈ONE〉メンバーは、新しいfacebookをチェックしてね。
〈ONE〉紹介ページはこちら。

photo : Yukari Watanabe


2019年1月7日月曜日

〈中野督夫エイド ステージが待っとるで!〉

 昨年の11/18に東京 早稲田 Live Space RiNenで開催されたイベント〈中野督夫エイド ステージが待っとるで!〉の写真が届いた。撮影していただいたのは、共演したONE-TRICK PONYのスタッフ、富松恵子さん。






オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■フォトグラフ
2018/12/16 東京 高田馬場 Live Cafe mono
photo : Yukari Watanabe

■卓治写真館
2019/1/1 帰郷

〈ONE〉のfacebookが新しくオープンした。更新情報などを伝えていく。



2019年1月5日土曜日

2019年スタート

 ひさしぶりに故郷でお正月を迎えた。
 熊本城は、まだ天守閣の近くまで行くことはできず、遠くからその姿を見た。完全な復興まで、まだまだ時間がかかることを実感した。
 3日の午後6時頃に地震が起き、一瞬でいろいろとフラッシュバックしたが、幸い被害はほぼなかった。

 さあ2019年のスタート。今年もよろしくね。

photo : Takuji


2018年12月31日月曜日

ありがとう

 2018年も51本のライヴで、たくさんの笑顔に会えた。本当にありがとう。来年もよろしくね。


photo : Yukari Watanabe


コメントフォーム

2018年12月26日水曜日

若い才能との出会い

 11/17の阿佐ヶ谷harnessでのライヴを、1人のシンガーが見に来てくれた。名前は町田直隆、40歳。
 以前から俺の歌を聴いてくれているとのことで、ライヴの後に話をして、CDをもらった。
 バンドもやっているそうだが、俺が聴いたのは、ほぼアコースティック・ギターのみのサウンド。裸の歌と裸の声がヒリヒリと伝わってきた。
 来年の3/2、阿佐ヶ谷harnessでジョイント・ライヴをやることにした。すでに彼のお客さんからの予約が多く来ているようだ。
 新しい出会いは大切にしなくちゃ。

 彼のバンドがカバーしている〈下から2番目の男〉がYouTubeにアップされている。
 柏で共演したブルース・シンガー、十字郎とセッションした〈下から2番目の男〉も。
 先日共演した山口岩男君も、こんなテイストでカバーしてくれたっけ。

 昔、まだデビュー前だったジャニーズの男闘呼組が〈下から2番目の男〉をカバーした音源を聴いたことを思い出した。
 演奏はつたなかったが、終わった直後、客席からの絶叫に近い「キャ〜〜〜!」のところは、俺とはまったく違っていたな。



2018年12月23日日曜日

ジョンとヨーコのテーブル 銀座 樹の花

 2月にも、初めての場所でのライヴが待っている。

 今年に入って俺のライヴによく来てくれるようになった女性が、銀座にある喫茶店、Flor de Cafe 樹の花のスタッフさんと友人だというところから話は始まる。
 樹の花では、たまにイベントやライヴを開催していて、先日もトランペットの渡辺隆雄さんとコントラバスの早川岳晴さん(梅津和時 KIKI BANDのベースとして〈真夜中のボードビル〉のレコーディングに参加してくれた)のライヴが開催されていた。
 その女性が、「この空間に卓治の歌を響かせたい」と思い立ち、スタッフさんに相談したところ、快諾をいただいた。

 連絡をもらい、樹の花へ行った。歌舞伎座からほど近い、静かな通りの一角に店はあった。
 ジョンが凶弾に倒れる前年の1979年、ジョンとヨーコはここで穏やかなひとときを過ごした。その時のテーブルは、「ジョンとヨーコのテーブル」と呼ばれている。

 迎えてくれたスタッフさんは、以前音楽業界にいて、山田晃士君のスタッフをやっていたことがあるそうだ。デザイナーのコヤマ君とも面識があるという。
 それだけじゃなく、俺のライヴを何度か見に来てくれたこともあるそうだ。
 1人の女性の勇気ある行動が、偶然を必然に変えてくれた。

 喫茶店だから席の数は限られている。もう半分ほど埋まっているそうだ。興味があったらぜひ早めに予約してね。

2019年2月16日(土)東京 東銀座 Flor de café 樹の花
開場 19:00 開演19:30
詳細と予約はこちら



2018年12月20日木曜日

初めての会場 ライヴ&バー Ruto

 初めての場所でやる時、そこには物語がある。

 ずっと応援してくれている女性が、新宿御苑にあるライヴ&バー Rutoを初めて訪れた。ここではオープン・マイクもやっていて、ちょっと歌わせてもらうことになり、俺の〈ひまわり〉を歌った。
 すると、初対面のマスターが急に「小山卓治! マジかっ!」とシャウト。
「え、知ってるの?」
「もちろんだよ、すげー好き。この店がやばかった時も、卓治の歌を聴いて、ここで倒れるわけにはいかない、まだやれるって何度も思った」
 店があるから、俺のライヴにも行けないと、残念そうに話していたという。
「いつか卓治が俺の店で歌ってくれたらなあ」
 そこで、その女性が俺の事務所へメールを送った。メールは俺も読んで、サイトを見てみた。機材などもそろっていて、問題なさそうだ。なにより、そんないきさつがあるのなら、ぜひやってみたいと思った。こういう時のフットワークは、常に軽くしている。

 2019年のスタートを切るライヴ。ぜひ参加してほしい。

2019年1月12日(土)東京 新宿御苑 ライヴ&バー Ruto
開場 18:00 開演 18:30

詳細と予約はこちら




コメントフォーム

2018年12月17日月曜日

突き抜けた

 《NG!》と《はるか》全21曲を歌うライヴ。大盛況だった。
 俺と信夫君で気合いマックスで臨んだら、お客さんからの期待度の“圧”がすごくて、それに乗せられるように、2段階くらいを一気に越えたプレイになった。
 新しい地平線が見えた。アコギとピアノだけのプレイの次の展開が見えた。

photo : Yukari Watanabe


 〈熊本応援CD〉は、持って行った枚数が完売した。次の〈熊本応援ライヴ〉までに売れた分をまとめて熊本に送るね。
 これはお客さんからのプレゼント。ありがとう。



オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■ラジオ
〈Aspirin Radio〉阿佐ヶ谷harnessからの1時間の放送音声をフルで掲載


2018年12月15日土曜日

さあ明日。そして昨日のラジオ生放送

 ギターの弦を張り替え、明日への準備も万端。
 アルバム2枚を歌いきるライヴ。いつもより長丁場になる。ほぼソールドアウトらしいけど、ぜひ参加してね。


photo : Yukari Watanabe


 昨日はオフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉主催のラジオ生放送を、阿佐ヶ谷harnessから配信した。
 初めての試みだったから、こちらの準備不足もあり、うまく受信できなかった人もいたようだ。近々〈ONE〉サイトに音声データをアップする予定だ。当日よりクオリティの高い音声になるから、改めて楽しんでほしい。


コメントフォーム

2018年12月13日木曜日

《NG!》+《はるか》全曲ライヴ

 1983年の9曲と2017年の12曲を、どうミックスして、どんなセットリストにするか、迷いに迷った。
 以前、セットリストを考える時に「知恵熱を出した」と書いたが、この使い方は間違いで、知恵熱は「生後6、7か月頃から満1歳前後の乳児にみられる発熱」なんだって。

 信夫君のピアノも冴え渡っている。
 12/16(日)東京 高田馬場 Live Cafe mono。きっといいライヴになる。


photo : Yukari Watanabe


コメントフォーム

2018年12月11日火曜日

30年ぶりのマスタリング

 《夢の島 30th Anniversary Edition》のリリースに向け、ソニー・レコード乃木坂スタジオのマスタリング・ルームで、30年ぶりのマスタリング作業。
 エンジニアは《Well -Songs of 35 years-》に続き、ナイアガラ系のサウンドを一手に引き受けている内藤哲也さん。
 2回目ということと、前回のベスト・アルバムのように何10年の時を隔てたサウンドではないから、作業はスムーズに進行した。
 マスター・テープと30年ぶりの再会。まずマスターの音とCDの音源を聴き比べる。当時のCD制作の技術が、マスターの音をちゃんと再現できていないことが分かる。
 1曲ごとに内藤さんと詰めていく。薄い霧が晴れ、ふくよかで立体的なサウンドへ生まれ変わっていく。
 サウンドの奥行きが倍になり、歌の中の登場人物の歩幅が広がった気がした。
 最高のテクノロジーでマスタリングした音を、最高のシステムとスピーカーで聴く幸せ。耳に心地よいシャワーを浴びている感じ。

 後半は、ボーナス・トラックのマスタリング。
「恐怖のカセット・テープ音源です」なんて笑ったが、カセットならではのノイズの向こうから、30年前の熱気が蘇ってきた。DADのサウンドだ。SMILEYもいる。
 リリースは、2019年3月22日。楽しみに待っていてね。

photo : Takuji


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■フォトグラフ
2018/11/17 東京 阿佐ヶ谷 harness
2018/11/24 自由が丘 Mardi Gras

photo : Yukari Watanabe


2018年12月4日火曜日

〈428〜封鎖された渋谷で〜〉リリース10周年

 発売から今日で10年。根強い人気に支えられて、新たに海外版も含めて再発売になっている。
 オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉で、撮影当時の秘蔵写真115枚を俺のコメントと共に掲載した。







〈ONE〉更新情報
■ライヴビデオ 〈朝まで待てない〉 
  11/24 東京 自由が丘 Mardi Gras

 メンバーの誕生日に届けるバースデイメッセージを新たに録音した。

 12/14は、〈ONE〉メンバーへ、阿佐ヶ谷harnessからラジオの生放送。
 ソニー・レコードのディレクター、内藤さんに登場してもらって、《夢の島》再リリースのエピソード・トークや、2人のセッションも。俺が内藤さんと初めて会った時に彼が演奏していた〈P.M.11:11〉などをプレイする予定だ。


2018年11月28日水曜日

禁煙記念日

 煙草をやめて7年たった。あの時やめていなかったら、今の声は出ていないだろう。
 「もうだいじょうぶ。やめられた」と思った頃、ライヴのMCで「煙草やめたんだ」と話したら、俺がヘビー・スモーカーだと知っている客席から驚きの声があがったっけ。その中に若干ブーイングが混じっていたから、お客さんに「煙草やめてんじゃねえよって思った人?」と聞いたら、けっこうな手があがった。
 まあそうだよね。歌詞の中で煙草を吸っているシーンを何度も描いてきたし、煙草を吸っている写真もたくさんあったし。

 俺とWonder 5の6人中、3人が喫煙者だ。今時この割合はちょっとおかしいよな。


Photo : Junji Naito 1984 New York


コメントフォーム

2018年11月26日月曜日

自由が丘 マルディグラ

 今回のマルディグラにも、たくさんの人が集まってくれた。
 珍しくカバーを2曲。福井県 鯖江でリクエストに応えて歌った、ニール・ヤングの〈Harvest Moon〉と、MIDORIちゃんとデュエットした、スティービー・ニックス&トム・ペティの〈Stop Draggin' My Heart Around〉。

 ライヴの後、男女カップルと話すことができた。男性は昔から応援してくれていて、ひさしぶりのライヴだったとのこと。連れの女性は、なんと〈428〜封鎖された渋谷で〜〉がきっかけで俺が歌っていることを知ったという。男性からいろんな情報を聞いて、2人で来てくれたそうだ。
 ゲームの中の大沢賢治が歌っているのって、きっと不思議な光景だっただろうな。

 写真の真ん中辺り、少年のちっちゃなこぶしも上がっている。嬉しいね。


photo : Yukari Watanabe


コメントフォーム

2018年11月23日金曜日

2018年11月21日水曜日

中野督夫エイド ステージが待っとるで!

 湯川トーベンさんの呼びかけでミュージシャンが集まったライヴ・イベントは、満員の盛況だった。
 福田浩市君、ワントリックポニーの2人、近田崇仁君、高橋マコトさん、田村直美さん、ゴボー鈴木さん、トーベンさん。それぞれの立ち位置から督夫さんへの想いを歌に託した。きっと届いたはずだ。

 中野督夫さんの病状は一進一退だという。俺たちはこれからも督夫さんを応援し続ける。

2004/3/21 東京 初台 DOORS


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■ライヴビデオ 〈天国のドアノブ〉 
  11/17 東京 阿佐ヶ谷 harness


2018年11月19日月曜日

〈小山卓治 × 近藤智洋〉来てくれてありがとう

 harnessでは5年ぶりの近藤君とのジョイント・ライヴ。近藤君のお客さんは女性が大半で、いつもは威勢のいいかけ声などが響くharnessが、やけにスイートな空気になった。
 ちょっと勝手が違う中、それでも歌が届いたのは感じることができた。
 セッションの最後は、鎌田ひろゆきも招き入れて3人でセッション。
 オフィシャルのfacebookTwitterに映像がアップされている。

 さあ次は今度の週末、自由が丘マルディグラ。MIDORIちゃんリクエストの歌を練習しなきゃ。


photo : Yukari Watanabe


コメントフォーム