2019年5月23日木曜日

〈YELLOW WASP〉〈クリスタルレインドロップ〉動画公開

 オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。

■ライヴビデオ
〈YELLOW WASP〉〈クリスタルレインドロップ〉
 5/17 東京 高円寺 ShowBoat
■フォトグラフ
 5/17 東京 高円寺 ShowBoat

photo : Yukari Watanabe


1週間 すべてのコンテンツを無料お試し観覧ができる。


2019年5月22日水曜日

Wonder 5とのレコーディング

 7月にリリースする《ひまわり 35th Anniversary Edition》に収録する、Wonder 5とのセルフ・カバーのレコーディングが始まった。プロデュースは前回と同じく河村博司君。
 まずはドラムとベースのリズム・セクションから。俺は別ブースでアコギと仮歌を収録する。10時間かけて4曲のベース・トラックが完成した。
 1984年に作ったサウンドが、2019年に生まれ変わる。きっとすばらしいサウンドに仕上がる。楽しみにしていてね。



photo : Takuji


2019年5月19日日曜日

白浜久 Project 本格始動

 プレイしながらゾクゾクした。初めてのステージ上で生まれた化学反応が、ひとつの塊のサウンドになって客席に突き刺さるのを感じた。
 「どんなライヴになるんだろう。どんなサウンドが聴けるんだろう」、そんなお客さんの疑問に応えることができたはずだ。そしてこれはまだスタート地点。


photo : Yukari Watanabe


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■フォトグラフ
〈 小山卓治トリビュート・ライヴ〉
5/3 東京 新宿御苑 ライブ&バー Ruto

photo:Masashi Koyama

〈小山卓治 × 鎌田ひろゆき〉
5/5 東京 阿佐ヶ谷 harness

photo:Yukari Watanabe


 次回の阿佐ヶ谷harnessは、アンコールで登場してくれた、成瀬昭君との初のジョイント・ライヴ。ぜひ来てね。


2019年5月14日火曜日

マジック

 白浜久 Project、ライヴ前の最後のリハーサル。
 このメンバーが集まったことでマジックが生まれた。こんなグルーヴは今まで感じたことがない。〈YELLOW WASP〉の燃えるようなビート、〈クリスタルレインドロップ〉の力強い4声コーラス、ボーカルを取らない時はバンドのアンサンブルを支える1人になる。
 5/17 高円寺 ShowBoat、会場に来てくれた人たちに、俺たちが築こうとしているサウンドを初めて感じてもらえる。これがスタートだ。

 会場販売するCDには全10曲が収録されている。




コメントフォーム

2019年5月9日木曜日

作曲:白浜久 / 作詞:小山卓治

 白浜さんと初の共作曲が完成し、昨日、白浜さんの自宅スタジオでボーカル録りをしてきた。タイトルは〈Under Control〉。これはきっと次につながる。

 〈白浜久 Project〉のTwitterに、新しい情報がたくさん掲載されている。
 メンバーが集合して、主にコーラスを中心にリハーサル。乱暴なクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングみたいな感じになってきた。これだけのコーラスをやるロック・バンドは、今時いない。

 会場で発売するCDから、〈ハヤブサよ〉〈天秤(榎本高 曲)〉〈Song Song Song(扇田裕太郎 曲)〉の音源がYouTubeに掲載された。
 ガラリと変わった〈ハヤブサよ〉のサウンドがすごいが、イントロに入ってくる多田暁君のトランペットが、なんかすごい。

 白浜久 Projectの初ライヴが、いよいよ5/17(金)東京 高円寺 ShowBoatで開催される。



 おまけ
 レコーディングを終えてくつろいでいるところに、徐々ににじり寄ってくる白浜さんちの猫、みかん。

photo : Takuji


2019年5月4日土曜日

〈小山卓治トリビュート・ライヴ〉

 幸せな一夜になった。
 全20組。ギターの弾き語り、ピアノの弾き語り、以前俺が書いた詩の朗読、ドラムとエレキでのプレイ、歌詞の朗読、歌詞を英訳してのリーディング、などなど、愛がたっぷりの演奏ばかり。Rutoで俺の歌に出会って、初めて参加してくれた人もいた。

 最後は俺のソロで。

Escape
最初の奇跡
カーニバル
下から2番目の男
もしもあの時
花を育てたことがあるかい

 満員の会場が笑顔であふれた。
 進行をつとめてくれたPlumさん、Rutoの関口さん、そして参加してくれたみんなに心から感謝。

 俺の最初のファン・クラブ〈OFF〉のスタッフとして参加してくれた朋恵さんが、俺の肖像画を描いてプレゼントしてくれた。これから俺の仕事場を彩ってくれる。


photo : Takuji


コメントフォーム

2019年5月3日金曜日

〈夢の島〉〈Gallery〉YouTubeに掲載

 3/23 天窓.comfortの〈《夢の島》30th Anniversary Edition 発売記念ライヴ〉から動画を掲載した。

〈夢の島〉〈Gallery〉

photo : Masashi Koyama




 白浜久 ProjectのTwitterに〈Rockin' in the free world〉のリハーサル動画と、メンバーのご挨拶動画が掲載された。近々レコーディングされた音源の公開も予定している。


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■ライヴビデオ
〈Heart Attack〉
〈Shadow Land〉
 3/23 東京 高田馬場 四谷天窓.comfort
〈DOWN〉
〈靖国通り、月曜の午後〉
 3/31 神奈川 横浜 パラダイスカフェ

photo : Masashi Koyama

■フォトグラフ
〈アコースティック 生声ライヴ〉
 4/5 北海道 札幌 侍珈琲
〈アコースティック 弾き語りライヴ ゲスト : 深見順也〉
 4/6 北海道 札幌 円山夜想


photo : Kanon




2019年4月30日火曜日

〈トリビュート・ライヴ〉と〈小山 × 鎌田〉

 5/3(金)は、新宿御苑のライブ&バー Rutoで〈小山卓治 トリビュート・ライヴ〉。ソールド・アウトとのこと。たくさんの人が参加して歌ってくれるそうだ。
 俺もブラリと遊びに行って、ちょっとだけ歌うつもり。


photo : Masashi Koyama


 5/5(日)は阿佐ヶ谷harnessで〈小山卓治 × 鎌田ひろゆき〉のジョイント・ライヴ。先日のレコーディングで、コーラスで参加した鎌田の歌はもちろん、ソロもセッションもたっぷりやる。
 長いゴールデン・ウィーク、みんなどうしてるのかな? よかったらおいでよ。


photo : Yukari Watanabe


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■フォトグラフ
『428〜封鎖された渋谷で〜』10周年記念感謝祭

〈ONE〉紹介サイト


photo : Yukari Watanabe


コメントフォーム

2019年4月29日月曜日

『428 ~封鎖された渋谷で~』10周年記念感謝祭!

 『428 ~封鎖された渋谷で~』の10周年記念感謝祭が渋谷で開催された。
 150人ほどの客席のチケットは秒殺でソールド・アウトになり、ニコニコ生放送で見てくれた人は7,000人とか10,000人とか。客席からの熱い想いが、ダイレクトに伝わってきた。
 昨日の写真をセレクトして。
 近日中に、オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉に、たくさん掲載する予定だ。



イシイジロウさん(総監督)

北島行徳さん(脚本)

伊東幸一郎さん(シナリオディレクター)


飯野歩さん(撮影)


(大沢賢治 役)


北上史欧さん(御法川実 役)


中村悠斗さん(遠藤亜智 役)


工藤俊作さん(建野京三 役)


右手愛美さん(磯千晶 役)


田中要次さん(君塚八郎 役)


photo : Yukari Watanabe


2019年4月26日金曜日

〈ONE〉ラジオ・プログラム 配信

 オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉では、俺のおしゃべりとライヴ・テイクで構成したラジオ・プログラム〈Aspirin Radio〉を配信している。最新版を開始した。
オンエア曲
〈祭りの季節〉〈家族〉〈夢の国へ〉


 そして〈ONE〉メンバー先行で、ライヴの予約をスタートした。一般予約は5/1スタートの予定だ。

〈Aspirin Radio 公開録音 もうすぐ発売!《ひまわり》35th Anniversary Edition〉
■6/21(金)阿佐ヶ谷 harness
〈ONE〉メンバー限定 ゲスト:河村博司

《ひまわり 35th Anniversary Edition》リリース記念ライヴ
■7/20(土)東京 新宿御苑 ライブ&バー Ruto 前夜祭&先行発売
■7/21(日)神奈川 横浜 THUMBS UP with Wonder 5
■7/27(土)名古屋 Music Bar Perch with 磯部舞子, 信夫正彦
■7/28(日)京都 宇治市 coconi with 磯部舞子, 信夫正彦

〈生声ワンマン・ライヴ〉
■7/13(土)東京 東銀座 Flor de café 樹の花

〈ONE〉紹介サイト



2019年4月25日木曜日

元 BACCHUS メンバーの活躍

 アルバム《ROCKS!》をリリースした頃、1994年から95年にかけて怒濤のようにライヴをやった俺のパーソナル・バンド、BACCHUS。ほんの短い期間の活動だったが、忘れられないバンドだ。4人のメンバーとは今も付き合いがある。

 ドラムの未来から連絡が来て、彼が在籍していたバンドDOVE(ダヴ)が、一夜限りの再結成ライヴをやることになったとのこと。5/18(土)東京 秋葉原 CLUB GOODMAN。もちろん俺も行くつもりだ。



 アルバム《種》のレコーディングにも参加した、ベースのスティング宮本は、加山雄三さんのバンマスをやったり多岐にわたって活動している。先日、阿佐ヶ谷harnessで〈スティング宮本 ソロ・ライヴ〉のフライヤーを見て、ひさびさにメールを送った。
「ソロでやってるんなら、ジョイントとかやってみない?」

 ギターの島山信和は、今は沖縄に住んでいて、地元の様々なミュージシャンと共演しているようだ。沖縄でのライヴにゲスト出演してもらったのは、もう7年前のことになる。

 そしてサックスのSMILEY。先日、友人宅でしこたま飲んで、「江古田マーキーでライヴやるから遊びに来いよ。ギターでも弾く? 弾かないのかよ。じゃあタブレット使って10分くらい漫談でもやるか」。

 9/16 江古田マーキー ソロ・ライヴ ゲスト:SMILEY


コメントフォーム

2019年4月23日火曜日

動画の掲載、一気に

 〈白浜久 Project〉のTwitterに〈傷だらけの天使〉のリハーサル動画が掲載された。この後も、どんどん動画や写真を掲載していくとのこと。楽しみにしていてね。

 名古屋 TOKUZOのライヴに町支寛二さんのゲスト出演を実現させてくれた、Beat The EmotionのS氏が、YouTubeにライヴ動画を5曲、掲載してくれた。町支さんの動画は残念ながらNGということだが、盛り上がったライヴの雰囲気を楽しんでほしい。

photo : Yukari Watanabe


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。facebookにアップした動画より、かなり高画質の別バージョンだ。
■ライヴ・ビデオ
〈HOLY LAND -聖地-〉
 1/26 東京 阿佐ヶ谷 harness
〈Dead end Street〉
 2/2 東京 江古田 マーキー
〈下から2番目の男〉 [with 町田直隆]
 3/2 東京 阿佐ヶ谷 harness

〈ONE〉の更新情報は、〈ONE facebook〉で。




photo : Yukari Watanabe


2019年4月21日日曜日

白浜久Projectのサウンド

 白浜久Projectの初ライヴに向け、メンバーが集結してリハーサル。〈白浜久Project Twitter〉に動画が掲載された。リズムのグルーヴがものすごい。うねるビートの上で歌える幸せ。
 演奏だけじゃなく、全員がボーカルをとれてコーラスもできるから、CSN&Yばりのハーモニーが作れる。
「この歌を夏のフェスでやったら、すごいだろうね」なんて話も。

 5月17日(金)東京 高円寺 ShowBoat。目撃してほしい。


photo : Yuki


コメントフォーム

2019年4月20日土曜日

鈴木康博さんのラジオに出演

 元オフコース 鈴木康博さんのラジオ番組『鈴木康博 メインストリートを突っ走れ』に出演してきた。2度目の出演で、12年9ヶ月ぶりということだった。
 いろいろなおしゃべりと、吉田拓郎さんの〈どうしてこんなに悲しいんだろう〉を2人でプレイした。
 聞けるエリアに住んでいる人は、ぜひ聞いてね。

西日本放送 5/18(土)21:00〜22:00
秋田放送 5/18(土)12:00〜13:00
IBC岩手放送 5/19(日)11:00〜12:00
新潟放送 519(日)17:30〜18:00

Photo : Kenichi Naito


2019年4月16日火曜日

熊本への応援、ありがとう!

 3年前、熊本に震度7の前震がおきた4/14に開催した、8回目になる〈熊本応援ライヴ〉は今回もソールド・アウトで盛り上がった。アルバム《The Fool》の全曲と、リクエスト、そしてファンの人たちとのセッションを楽しんだ。
 ライヴの収益と、各地で販売してきた〈熊本応援CD〉の売り上げ、¥196,000を熊本へ届ける。心からありがとう。

 2度目の本震が起きたのは、3年前の今日の未明だった。
 当初は4万人を超えていた仮説住宅に住む人たちも、16500人ほどになったという。数字だけでははかれないとは思うが、少しずつ復興は進んでいる。
 次の〈熊本応援ライヴ〉は、10/26(土)にやることにした。harnessで予約スタートしている。次回もセッションを募集するよ。


 昨日は、鎌田ひろゆきのレコーディングにコーラスで参加。アルバムはとてもいい感じに仕上がっているようだ。秋にはリリース予定とのこと。
 5/5はharnessで〈小山卓治 × 鎌田ひろゆき〉のジョイント・ライヴ。10連休のまっただ中だけど、ぜひ参加してね。

photo : Takuji


2019年4月12日金曜日

秒殺〈428〉

 『428 ~封鎖された渋谷で~』10周年記念感謝祭のチケットが一瞬でソールドアウトしたと、イシイさんから連絡をいただいた。すごいなあ。ニコニコ生放送で中継があるらしいから、よかったらのぞいてね。

ゲーム紹介のトレーラー


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■フォトグラフ
〈《夢の島 30th Anniversary Edition》リリース記念ライヴ〉
 2019/3/17 名古屋 TOKUZO
 【サポート】磯部舞子【スペシャル・ゲスト】町支寛二
〈小山卓治 × 町田直隆〉
 2019/3/2 東京 阿佐ヶ谷 harness
〈小山卓治・生声ワンマンライヴ〉
 2019/2/16 東京 東銀座 Flor de café 樹の花



photo:yukari watanabe


〈ONE〉facebookで、更新情報をチェックしてね。


2019年4月11日木曜日

10年目の集結『428 ~封鎖された渋谷で~』

 撮影から12年、発売から10年のゲーム『428 ~封鎖された渋谷で~』の記念イベントが開催される。総監督だったイシイジロウさんに声をかけていただいて、出演することになった。主要なスタッフさんや出演者のみなさんも集まる。すごく楽しみだ。
 イベントはニコニコ生放送での中継を予定しているとのこと。

電ファミニコゲーマーの記事
チケット:今日から販売スタート

 10年たっても話題に上るゲームって、俺はあの時、すごい現場を経験していたんだなと改めて思う。
 まったくの素人の俺が役を演じることなどできるわけもなく、ただただ大沢賢治に“なろう”とつとめた撮影の日々だった。だから最終日の撮影を終えた時、心にぽっかり穴が空いた。プロの役者さんは、このくり返しなんだろうな。



 オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉に、撮影現場を撮った写真116枚を掲載している。


2019年4月10日水曜日

指の間から見えた30年後の未来

 今日の関東は北海道と変わらないくらいの冷え込みだ。侍珈琲の畑中さんがオリジナル焙煎で作ってくれた豆「YUMENO-SHIMA」を煎れて飲んでいる。
 北海道の3日間も熱いライヴが続いた。来てくれるお客さんの熱量は東京にも負けない。また秋に訪れる約束をしてきた。みんなの笑顔にもう一度会える。



photo : Takuji

 《夢の島》は、1989年、バブルのまっただ中でリリースされた。マハラジャでお姉ちゃんたちが扇子を振って、タクシーに乗ったら1万円札を出して「釣りはいらない」と言って、バンドブームが起こって『いかすバンド天国』というテレビ番組が始まって、ライヴでは女の子たちが曲に合わせていっせいにジャンプするから、会場の2階席の床が揺れて「ロックお断り」の会場が出てきた。俺のようなシンガー・ソング・ライターにとって、暗黒の時代だった

 《夢の島 30th Anniversary Edition》のケースの中に、この写真がある。1989年のオリジナル・ジャケットでやった手の形と同じで、俺からの目線になっている。
 あの時、指の間からにらみつけた現実の、その30年後に、今のような未来が来るとは想像していなかった。
 あの時、いろいろな障害を乗り越えて《夢の島》をリリースできてよかった。やり続けてきて、本当によかった。

at 侍珈琲 photo : Kanon


 伊藤銀次さんのラジオ番組『POP FILE RETURNS』、後半のオンエアが始まっている。ぜひ聞いてね。


2019年4月9日火曜日

町支寛二さんとのライヴのレポート

 以前にもここで紹介したサイト『ストリート・ロックの時代』の著者、堀克巳さんが名古屋まで足を運んでくれて、町支さんをゲストに迎えたTOKUZOでのライヴのレポートを書いてくださった。
 さらに《夢の島 30th Anniversary Edition》と《小山卓治 with DAD 1989》についても書いていただいている。とても深い考察だ。
 ぜひ読んでほしい。


photo : Yukari Watanabe


コメントフォーム

2019年4月3日水曜日

え、札幌はマイナス2度??

 で、天気予報に、ちっちゃい雪だるま。北海道の春は、まだまだだな。
〈《夢の島 30th Anniversary Edition》リリース記念ツアー〉、札幌の侍珈琲と円山夜想は、1曲もかぶらないセットリストを組んだ。歌を届けに行くよ。




オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■フォトグラフ
《夢の島 30th Anniversary Edition》リリース記念ライヴ
2019/03/23 東京 高田馬場 四谷天窓.comfort


photo : Masashi Koyama


コメントフォーム