2020年8月6日木曜日

イントロとアウトロ

イントロダクション【introduction】
導入 序論 序説 音楽などの序奏 物語の導入部
────────────────────────

 最近ちまたに流れているヒット曲は、イントロがないか、極端に短い曲が多い。サブスクで聴く人に一瞬でも早く歌を聴かせる戦略とか、カラオケで手っ取り早く歌い始めたいとか、まあ色々だろうが、イントロの存在がないがしろにされているように思える。

 俺のデビュー・シングル〈FILM GIRL〉のイントロは18秒くらいだが、それでも当時のAMラジオのディレクターさんに「イントロが長いね」と言われたことがある。例えば深夜放送の30分番組のゲストだったりすると曲が1分くらいしか流れないことが多かったから、18秒がもったいないということだったんだと思う。〈FILM GIRL〉のサビは1分28秒からだ。

 〈Passing Bell〉はイントロがない。あまりに曲が長いからということと、シンプルに始めたいというふたつの理由があった。
 逆に〈ひまわり〉のイントロは2分16秒。トータル・アルバムとして映画のオープニング・シーンのイメージで作ったから思い切り長い。
 初めてのミュージシャンと組んで〈ひまわり〉の音資料を送る時は、イントロが長いことを必ず付け加える。

 俺の考えだが、イントロは「この歌は、こういうカラー(メジャーかマイナーか、テンポ、曲が持つ温度)の歌だ」と、歌に入る前に紹介するものだととらえている。

 イントロに対してのアウトロ。
 アウトロとは「Intro」と「out」が合成された造語で、エンディングのこと。

 以前書いたかもしれないが。
 母が生前「あんたの歌は、歌が終わった後が長いのよね」と言っていて、当時は反発していたんだが、冷静に聴くと確かにアウトロが長い歌が多い。
 この一言は母の遺言のように残っていて、今は「歌いたいことを歌ってしまったら、とっとと終わる」ことを肝に銘じている。

photo : Takuji


2020年8月4日火曜日

スカーレットの入院

 最近ずっと弾いているギター、ギルド F-47、名前がスカーレット。1972年製だから50歳。
 入間でのライヴのリハーサル中にぶつけてボディに傷がついてしまった。ショック……。
 しばらく入院することになった。退院までちょっと時間がかかるかもしれないなあ。

 写真は、2018年1月12日、スカーレットに一目惚れした日。


















photo : Masashi Koyama


2020年7月28日火曜日

入間アミーゴでリハーサル

 当日の会場の入間アミーゴで、ひさびさに再会した江口正祥君とリハーサル。2本のアコギがどんな風に会場に響くかを聴きながら、アレンジを確認していった。
 今回はグランドピアノを使わないセットリストにしたから、スペースに余裕がある。椅子と椅子の間に十分な間隔を取って見てもらうことができる。
 この会場でしか感じることができない絶妙な音の混じり合いを、ぜひ感じに来てね。


















photo : Staff


2020年7月27日月曜日

体重を少ししぼった

 自粛太りという話をよく聞くが、俺はいつも以上に体を動かすようにして、少し体重をしぼった。見た目はさほど変わらないが、体重計は嘘はつかないだろう。

 以前、一時的に太ったことがある。
 1989年の4月、東京 恵比寿 Factory1での4日連続ライヴの前、喉にポリープができた。声帯ににきびのようなものができる症状で、声帯がうまくしまらなくなり、声が枯れてハイ・トーンが出にくくなる。
 ポリープは手術で切除するしかなく、連日のリハーサルと4日間のライヴを乗り切るため、毎日のど飴をなめ続けた。今みたいにノンシュガーなどなく、それが原因で太ってしまった。当時は色々なストレスを抱えていて、それもあったかもしれない。

 ライヴの直後に手術をした。執刀は、耳鼻咽喉科では日本で指折りといわれる、米山文明先生にお願いした。腕の悪い医師だときちんと切除できなくて、一生声がかれたままになるという話を聞いていた。
 米山先生は、初来日して声の調子を落としたマイケル・ジャクソンを診察するため、ライヴ当日に後楽園球場の楽屋へ行ったという逸話を持っている。
 先生の医院は、声を仕事として使うたくさんの人たち(シンガー、政治家、アナウンサーなど)の駆け込み寺になっていた。
 手術は成功し、半月ほど絶対に声帯を動かしては駄目ということで、無言の行になった。当時はメールもなく、仕事の連絡などが大変だったことを思い出す。

 それ以来、声のケアには気を遣うようになった。ライヴが続いた後は十分に休ませる、冬は部屋で加湿器を使う、乾燥したホテルではマスクをして寝る。とはいえ、煙草をやめたのはそれから20年以上後になるが。





















1989年 東京 恵比寿Factory1 photo : Junji Naito


2020年7月24日金曜日

入間 アトリエ アミーゴ 完全生声ライヴ

 いつも応援してくれている人から「私の地元の入間に素敵なスペースがあるんです」と教えてもらったのがきっかけでスタートした完全生声ライヴは、今年でもう連続11年目になる。
 毎年、ここでのライヴは特別なものになる。
 去年はギターを持ち寄ったファンの人たちとのセッションがあったが、今年は1回お休みにする。椅子の間のスペースは多めに取り、途中で換気のためのインターバルを入れる。

 今回は、ひさびさにギタリストの江口正祥君をサポートに迎えることにした。そのきっかけがおもしろい。
 江口君はコンスタントに北海道の小樽でライヴをやっている。そのライヴを、俺のライヴにいつも来てくれる男性が見に行き、打ち上げにも参加した。その席で。

男性「最近はあまり小山さんとライヴやりませんね」
江口「やりたいんだよ。声かけてくれたらいつでもやるよ」

 そこで男性が俺のスタッフにメール。スタッフから俺にメール。
 おお、やろうよ! じゃあ入間でやってもらいましょうか。いいね。スケジュール確認してみます。よろしく。決まりました。
 その間、10分くらいだったかな。

 俺から江口君にメール。「よろしくね。楽しみにしてるよ!」「こちらこそ、楽しみです!」

 こんなノリで決まることも、まれにある。
 関東圏で江口君とプレイするのは、3年半ぶりくらいになる。音資料も送った。生音で奏でる2本のアコギのアンサンブルを、じっくり体感してね。



〈Gallery〉 with 江口正祥 2018/3/18 名古屋 ロックバーUK
〈種の歌〉 2011/8/7 入間 アトリエ アミーゴ
〈傷だらけの天使〉 2019/8/3 入間 アトリエ アミーゴ















photo : Masashi Koyama


オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。
■フォトグラフ
7/11 東京 自由が丘 Mardi Gras
photo:Yukari Watanabe


2020年7月22日水曜日

〈小山卓治 × 白浜久 〉愛知で初の開催

 ようやく調整ができて告知できることになった。

〈小山卓治 × 白浜久〉
8月29日(土)愛知 刈谷 サンダンス
8月30日(日)名古屋 今池 りとるびれっじ

 詳細は近日中に発表する。人数制限で各20人ずつのライヴになる。コロナ対策も万全に整える。
 白浜さんが愛知県でライヴをやるのは、何と14年ぶりとのこと。それぞれのソロをたっぷりと。俺は2日間、まったく違うアプローチでセットリストを組む。そして愛知では初披露になる2人のセッションを存分に楽しんでもらう。
 さらに、会場限定のCDを販売する。俺の曲を白浜久プロデュースで新たにレコーディングした曲などを収録する。8月に入ったらボーカル録りをやる予定だ。


 写真は、去年8/31に初めて訪れた刈谷 サンダンス。また行くことになって本当に嬉しい。
 サンダンスのハンバーガーとスペアリブは、超うまいよ。

















photo : Dosyo





















photo : Takuji


2020年7月21日火曜日

ストリート・ロックの時代

 俺のアルバムがリリースされるたびに、とても的確で丁寧な論評を書いてくださる堀克巳さんが、《Passing 35th Anniversary Edition》についてのコラムをサイト〈ストリート・ロックの時代〉に載せてくれた。
 堀さんはこのサイトで、何度も俺のことを取り上げてくれている。他のコラムも、ぜひじっくり読んでほしい。











2020年7月18日土曜日

〈小山卓治 × 古明地洋哉〉来てくれてありがとう

 阿佐ヶ谷harnessも、人数限定でのライヴだった。何度も繰り返すが、会場に来てくれて本当にありがとう。
 前回の古明地君とのジョイントは配信だけだった。やっと本当のジョイント・ライヴをやることができた。「またやろう」と約束した。
 このライヴは後日「note」でライヴ配信する。


 本来なら、今日から札幌にいるはずだった。
 しばらくこの状況は続くと思う。でも、生で体で感じるのがライヴだということを、忘れないでほしい。


 オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉を更新した。

ライヴビデオ
■6/20 新宿御苑 Ruto
〈Night After Night〉
〈Lucky Guy〉
〈Escape〉
〈俺は帰って来たんだ〉
〈祈り〉
■6/21 新横浜 LiT
〈傷だらけの天使〉
〈Night After Night〉
〈裏窓〉
〈もうすぐ〉
〈気をつけた方がいいぜ〉















6/21 新横浜 LiT photo : Yukari Watanabe


 更新情報をいち早く知りたい人はこちら





2020年7月16日木曜日

The Conxとの共作〈Dead End Street〉

 以前リクエストをもらっていた。
 オフィシャルサイト〈RED & BLACK〉で歌のコード譜を掲載している〈Score〉ページに、The Conxとの共作で《NG! 35th Anniversary Edition》に収録した〈Dead End Street〉のコード譜を掲載した。


 オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉に、ラジオ・プログラム〈Aspirin Radio〉を掲載した。
■収録曲
〈都会〉 1984年 未発表曲
〈逃げ出せ〉 with 磯部舞子 2020/5/17 東京 阿佐ヶ谷 harness
〈もうすぐ〉 with 中嶋仁郎 新レコーディング














2020年7月14日火曜日

9月26日 長野 OREADライヴを中止する

 今の状況で、関東からたくさんのお客さんが移動するリスクを考えた、三浦さんと俺の判断だ。 
 7年の間続いてきた、聖地巡礼が途切れてしまった。残念だ。
 今年も楽しみにしていてくれたみんな。状況が好転したら、必ず開催する。必ず。















photo : Masashi Koyama

2020年7月12日日曜日

東京 自由が丘 Mardi Gras

 今回も人数を制限してのライヴになった。会場にきてくれたみんな、本当にありがとう。
 途中、換気する時間を取った。

 まだまだ予断を許さない状況の中、決まっているスケジュールがある。どこまでできるか分からないが記しておく。

■8/2(日)埼玉 入間市文化創造アトリエ AMIGO
 ゲストミュージシャン参加の予定
■8/22(土)東京 阿佐ヶ谷 harness 〈小山卓治 × 鎌田ひろゆき〉
■8/29(土)愛知 刈谷 サンダンス 〈小山卓治 × 白浜久〉
■8/30(日)愛知 名古屋 りとるびれっじ 〈小山卓治 × 白浜久〉
■9/13(日)東京 江古田マーキー
 ゲスト : SMILEY
■9/20(日)東京 新宿御苑 ライブ&バー Ruto 〈小山卓治 × サンタラ〉
■9/26(土)長野 辰野町 OREAD
■10/18(日)東京 阿佐ヶ谷 harness 〈熊本応援ライヴ〉

 その後のライヴも決まっているが、ひとまずここまで。



photo : Yukari Watanabe


2020年7月8日水曜日

7/11 自由が丘 Mardi Gras 開催!

 ライヴを開催するか延期にするか、ギリギリまでMardi Grasと協議してきた。今日の感染者の減少を確認し、開催を最終決定した。
 予約してくれていた人たち、心配かけちゃったね。
 予約は今日まで! 来場も配信も、まだ枠はあるよ。

















photo : Yukari Watanabe


2020年7月6日月曜日

世界は角を曲がった

 新型コロナの影響で、世界が曲がり角を曲がった。
 これまでと同じようには暮らしていけない。新しい常識、新しい日常を模索していかなければいけない。
 明日が今日の続きで、明日は今日よりもっとよくなっていくはずという、これまでのぼんやりとした想いは、もう通じなくなった。
 こんな世の中で、何を歌えばいいのか、何を信じて明日を迎えればいいのか、見えてこない

 個人的には、考えても考えても、歌い続けることしか思いつかない。
 みんなの前で歌えるということがこんなにも幸せなのかと、今は心の底から感じている。

 歌わせてくれて、ありがとう。
















2020.7.4 大阪 music bar SORa































2020.7.5名古屋 りとるびれっじ photo : Dosho


2020年7月1日水曜日

大阪と名古屋の予約は今日まで

 小樽でクラスターが起きたことで、札幌のライヴは中止とした。残念だ。一喜一憂の毎日。
 もう札幌ライヴの準備をしている人がいたかもしれない。本当にごめんなさい。

 大阪15人、名古屋20人の人数限定ライヴだが、やはり密集を懸念してか、あと少し余裕がある。
 万全の準備はしてある。よかったら足を運んでね。
 予約はこちらから。















photo : Yukari Watanabe


2020年6月26日金曜日

SMILEYと

 友人宅で、《Passing 35th Anniversary Edition》のBonus DVD、SMILEYとのラスト・ライヴの鑑賞会。
 あれからもう3年くらいたつのか。
 SMILEY、元気だったよ。
















photo : Yukari Watanabe




2020年6月25日木曜日

〈Passing Bell〉初演の音声 1985/4/21

 YouTubeに、渋谷 LIVE INNで初演した時の〈Passing Bell〉の音声がアップされている。オフィシャルではないが、もう時効だ。客席にいたお客さんが、ポケットに忍ばせたカセットレコーダーあたりで録音したものだろう。
 アルバムリリースの前だからお客さんの歌声はなく、最後まで聴き入っている。
 35年がたち、〈Passing Bell〉は、100人のコーラスと共にレコーディングされた。


 これは以前どこかで書いたエピソード。
 アルバム《Passing》をリリースした頃、仕事へ行くために歩いていると、道沿いのアパートの窓からアコギの弾き語りの音が聞こえてきた。
「今時フォークなんか聴きやがって」
 だんだん近づいてきたその歌は〈Passing Bell〉だった。足早に通り過ぎたのは言うまでもない。















Photo : Junji Naito




2020年6月22日月曜日

これこそがライヴ

 再開したライヴは人数を制限した形だった。が、ステージに出た瞬間、人数の何倍もの心地よい圧を感じた。
 歌いかける相手がそこにいる。受け止めてくれる人がいる。歌声や拍手以上の熱が返ってくる。これこそがライヴだ。
 配信だけのライヴなんて、ただの独り言だ。ここ数ヶ月、ずっとウツな気分だったが、やっと晴れ晴れとした気持ちになれた。
 もちろん、同時進行の配信がなければライヴは成り立たなかった。送ってくれたチャットと一緒に映像を見てみよう。

 ライヴ後の記念撮影は「シャッター切る間だけマスクを取って息止めて。はい行くよ!」で撮ったもの。




photo : Yukari Watanabe


2020年6月21日日曜日

「空の写真」全公開

 《Passing 35th Anniversary Edition》リリース!
 特設サイトがオープンした。
 〈Passing Bell〉のコーラスに参加してくれたミュージシャンの紹介と、みんなが送ってくれた空の写真を、オリジナルのまま、メッセージつきですべて紹介している。
 CDのキャップについているQRコードからも行けるよ。
 改めて、たくさんの参加に感謝!





















photo : Takuji



2020年6月17日水曜日

完成!

 《Passing 35th Anniversary Edition》が届いた。
 手に取ると、制作に関わってくれた1人1人の顔が浮かんでくる。特に今回は、顔は浮かばなくても、コーラスと写真で本当に多くの人が参加してくれたことをしみじみと感じる。
 みんなの手元にも、そろそろ届く頃かな。

 そして今週末はひさしぶりのライヴ。
 6/20のライヴにに届いたリクエストを見ながら、どんなセットリストにしようかとひさびさにワクワクしている。

 《Passing 35th Anniversary Edition》
photo : Takuji



2020年6月9日火曜日

広島は延期 大阪と名古屋は開催

 いったい何本のライヴを延期すればいいんだろう。
 広島 OTIS!のライヴを延期することにした。待ってくれていた人たち、本当にごめんなさい。状況が整ったら必ず行くからね。

 大阪 music bar S.O.R.a.と名古屋 りとるびれっじは、お客さんの数を減らして開催する方向で進めている。6/21くらいに詳細を告知する。もう少し待っていてね。

 写真は、1/26の江古田マーキー。もう遠い昔のことのように感じてしまう。


photo : Yukari Watanabe


コメントフォーム